第14話「子供と一緒に!イチゴリラからの〜?カカドゥ!」

12月はパーティーシーズン☆家族でボドゲパーティーなんて素敵じゃない!?キュートな絵柄のイチゴリラとカカドゥで楽しんじゃお!今回はゲームマーケット2012秋の感想や理想のクリスマスの過ごし方と盛りだくさん!(black)


第14話「子供と一緒に!イチゴリラからの〜?カカドゥ!」” への3件のコメント

  1. 自分の持ってる中で小さい子(幼稚園以下)とやって受けが良かったゲームは
    『アンチョビー』ですね。
    アンチョビー・ピザを作るカードゲーム。
    手札8枚に8種類の具を揃えたら勝ち。
    問題は具の量(カードの枚数)にバラつきがある所w
    チーズやピーマンは沢山あるけど、決め手のアンチョビーは1枚だけ。
    ワイルドカードもアンチョビーの代わりだけは出来ないルール。

    プレイ自体は、山札から一枚取って要らないカードを捨てる(手札は8枚)か、
    次の手番の人に欲しいカードを一枚要求する。これだけ。
    持ってたら即座に渡して山から一枚補充。持ってなかったらプレイは無効になり次の手番へ。
    3行前に戻るw

    誰が何のカードを持っているのか、
    何のカードを欲しがっているのか分かってくると、場が過熱していきますw

    ワイルドカードを除く特殊カードは3種類だけ。
    プレイを2倍にする「ダブルテークカード」
    手番を逆転する「デリバリーボーイカード」
    カード引き渡しを拒否する「ストップコールオーダーカード」
    ダブルテーク以外は使ったら即座に山から1枚補充になります。(手札は常に8枚)
    ダブルテークはオプションが複数あります。
    1.山から2枚取って1枚捨てる。
    2.山から1枚取って、次の人に1枚オーダーする。8枚超えたら1枚捨てる。
    3.次の人と次の人を含む任意の人にオーダーする。8枚超え…しつこいですねw

    あれ?なんでインストしてるんだろう?
    ま、まぁそんなゲームw

    プレイできる対象が通常次の人に限られるのも熱い所です。
    遠い所で行ったり来たりしてるアンチョビーをどうやって掠め取るか、とかw

    古いゲームなんで見かける事は少ないかも知れませんが、
    中古とかで見かけて適価ならどうぞ。
    パッケージには8才から、になってますが誰でもすぐ遊べるゲームです。

    ではでは次回クリスマスオールナイト忘年耐久8時間生配信(希望w)
    楽しみにしております。

    「アンチョビー・ピッツァ、一丁上がり!」

  2. 実際にお子さんがいらっしゃる方々からの体験談をいくつか頂きましたので
    追加でフィードバックしますね!

    ●3才児はにわとりのおいかけっこ、ねことねずみの大レース (by ばんばんさん)
    ●にわとりのしっぽなどの記憶系か、ミッドナイトパーティ(内容はまだ理解してないですが)のようなコマを動かすものです。(略)5歳の息子とはぴっぐテンがヘビロテです。ガチでやって泣かれますw (by さとさん)
    ●2歳9ヶ月で『ジェンガ』(by さとーとしきさん)

    *.+゚(*・ω・,,人)゚+.*教えてくれてありがとうございます!

  3. 初耳のタイトルでした!*゚・:。ワァ(・∀・)オ。・:゚*
    いつか出会えると信じて! φ(´∀`★)メモメモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です